読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほねにくのうわずみ

私(@honeniq)の個人ブログです。日々の生活の中で感じた諸々のことから、人様にお見せできるような上澄み部分を抽出して投稿しています。

海外旅行での通信手段についてまとめ

ここ何回かの海外旅行で、現地での通信手段を色々と試してみました。それぞれ簡単に、思いつくままに特徴を書いてみます。

最初はXperia Tipoの使用感とかについて書こうと思っていたんですが、気がついたら方向性が若干ブレていました。次こそはTipoについて書きます!

現地SIMカード購入

渡航先でプリペイドのSIMカードを買って、SIMフリー端末で使用。
テザリング機能を使えば、Wi-Fiルータ代わりにも。

メリット・デメリット

地元の人向けの値段で利用できるので、大抵の国ではこれが一番安くなります。
また、音声付きの契約にすれば電話が使えるのも魅力。見知らぬ土地で同行者とはぐれたりすると大変ですので、保険として持つようにしています。

問題は下調べが大変なこと。
現地キャリアの通信方式や対応周波数、サービスエリアあたりを調べていくわけですが、日本語で日本のキャリアについて調べるのもややこしいのに、よその国の情報なんて調べきれません。

とはいえ、どこの国でも「国営・半国営キャリア vs 新興キャリア」という図式は似たようなものです。前者がサービスエリアや品質に強く、後者がプランの柔軟性やコスト面に強いというのも同じ。行き先の環境や利用目的を考えて、とりあえずキャリアを先に決めてしまいましょう。

注意点

プランによってはテザリングが利用できない場合があるので注意。
同じような内容で値段の違うプランがあって、何が違うのかよく見てみるとテザリングの有無だったり。

また、テザリングでぶら下がっている端末は「Wi-Fiで通信している=その先は固定回線」と思っているので、通信量制限なんて気にしてくれません。特に注意したいのがアプリの更新やiCloud。フォトストリームの写真同期で1GBくらい食われて驚きました。

レンタルWi-Fiルータ

Wi-Fiルータと現地キャリアのSIMカードをセットにして貸してくれるタイプ。
多種多様な業者が参入しており、サービスによっては複数国対応しているものもあるので、周遊旅行する場合は第一候補になりそう。

日本で借りる

まずは出国前に借りて帰国後に返すタイプ。
最近はレンタル専業以外にも旅行会社や家電量販店も参入しています。レンタカーのオプションってのも見たことがあります。

以下はごく一部。*1

受け渡しは宅配便もしくは主要空港カウンターでの手渡し。

ほとんどの会社は3日以上前に予約が必要ですが、JAL ABCは空港のカウンターでの飛び込みでも借りることができました。在庫を抱えている分だけ他社よりもお高めですが、海外パケット定額よりは遙かに安いので、最後の手段として頭の片隅にでも。

現地で借りる

渡航先で借りるというのも選択肢のひとつ。日本で借りる場合に比べると安く済みます。
大抵の空港には携帯電話会社のカウンターがあるので、そんなに難しいわけでもありません。*2

日本人の旅行者が多い地域であれば、日本人もしくは日本語が通じる現地人のいるツアー会社があります。そういう会社をいくつか調べておくと吉。現地の会社の代行で、Wi-Fiルータや携帯電話のレンタルも取り扱っている場合が多く、勿論日本で借りるよりも安め。

また、LCCで貧乏旅行をしている場合、Wi-Fiルータ+付属品の数百グラムの差が効いてきます。7キロとか10キロの機内持ち込み手荷物の範囲で荷造りするわけですが、Wi-Fiルータが無ければ1日分のTシャツとパンツが追加できたりするので、地味ですが重要。

海外パケット定額

携帯キャリアがやっているローミングサービス。
金額面での頑張りが見えなかったり、申し込みが不要だったりするあたり、個人的には海外パケ死予防の救済措置だと思っています。

サービス内容はほぼ横並びで、約25MBまで1,980円・それ以上は2,980円の二段階定額。普通に使っていると25MBなんて一瞬で使ってしまうので、スマホの自動通知・更新等にしっかり気を配らないと、金額を抑えるのは難しそう。

パケ死に注意

キャリア選択のミスなんかでパケ死する例もあるので、ガッツリ使うつもりなら下調べは必須!

海外で『iPad』使ったら26万円請求された「まさか自分がパケ死するとは」 au iPhoneの海外パケット通信で請求76万円に陥ったワケ

基本は通信OFFにしておいて緊急時だけ使う、くらいに考えておいたほうが良さそうです。

結局どれがお得?

ほとんどの人にとってはレンタルWi-Fiルータが一番お得で気楽です。
数泊〜1週間程度なら数千円で済みますし、使い方も単純明快です。

コスト的には現地SIMカードが最も安く使えますが、何かと手間暇が掛かります。携帯電話屋さんを探したりアクティベーションに手こずったり、そういう部分を楽しめる人にはお勧め。

*1:大手ですが、情報流出を起こした某社は外しました。

*2:もちろん事前の下調べと、できれば予約をしておいたほうが無難です。