読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほねにくのうわずみ

私(@honeniq)の個人ブログです。日々の生活の中で感じた諸々のことから、人様にお見せできるような上澄み部分を抽出して投稿しています。

オライリーの「Head First Rails」で躓いたところ (2章)

前回から引き続き、「Head First Rails」でのお勉強中に躓いたところメモ。

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本

内容がどうこうというよりも、Rails2とRails4の違いを解消するのがほとんどのような気も。より深く知るきっかけにもなるので、これはこれでアリだと思って進めます。

P50 ruby script/generate model

他と同様、呼び出し方が変わっています。

rails generate model ad name:string description:text price:decimal seller_id:integer email:string img_url:string

P51 サンプルデータのダウンロード

本の通りで問題ないのですが、せっかくなのでリンク。

Head First Labs from O'Reilly Media, Inc. :: Head First Rails

ページ下部に「development.sqlite3」があります。

P52 ruby script/generate controller

他と同じ。

rails generate controller ads

P53 注釈のruby script/dbconsole

これも。

rails dbconsole

使い方はよく分かっていませんが、とりあえず.dump adsとすればテキストでDBの中身を表示してくれました。.exitで終了。

P57 config/routes.rb

中身がぜんぜんちがう。

用意されているファイルはほぼコメントで、ルートは一つも入っていない状態。コメントを参考に、こう書いてみました。

Mebay::Application.routes.draw do
 get 'ads/:id' => 'ads#show'
end

これがややこしくて、本での書き方とぐぐって出てくる書き方とRails4の書き方が結構違う。

  • 本での書き方(Rails2系?) : map.connect '/ads/:id', :controller=>'ads', :action=>'show'
  • よく見る書き方(Rails3系?) : match 'ads/:id' => 'ads#show'
  • Rails4での書き方 : get 'ads/:id' => 'ads#show'

ルーティング(routes) - Railsドキュメント

Rails4からはガラっと変わってしまった模様。ややこしいな!!
Rails4からは、HTTPリクエストとメソッド名を一致させるようにしたのかな?

P74 自分で考えてみようの答え

ルート : get 'ads/' => 'ads#index'

コントローラーのコードの回答が「index」だけってのがちょっと意味不明で納得いきませんが、後でindexページの実装を行う箇所があるので、ここはとりあえず空っぽのindexメソッドを作っておけばいいのかなあ?

P76 routes.rb

それぞれのルートは既出ですけど、優先度順に並べ替えたらこうなります。

Mebay::Application.routes.draw do
  get 'ads/' => 'ads#index'
  get 'ads/:id' => 'ads#show'
end

コメント部分は全部カットしてます。

P97 静的コンテンツの置き場所

本では/publicフォルダ配下に置くように書いていますが、Rails4では/app/assetsの下に置くようです。

  • /app/assets/images : 画像
  • /app/assets/javascripts : JavaScript
  • /app/assets/stylesheets : スタイルシート

/publicフォルダが無くなったわけではなく、404・502等のエラーページやrobots.txtが置かれています。また、本と同様に/public/imagesに画像を置いても、使えない訳ではなさそう。

Railsの基礎知識 - Railsドキュメント

P98 試運転時に画像が見えない

静的コンテンツの置き場所が変わった関係で、パスの書き方も変わっている様子。
/app/assets/stylesheets/default.cssを編集します。

html, body { height: 100%; }

body { background-color: #e6dacf; background-image: url('bg.png'); background-position: top center; background-repeat: repeat-y; font-family: "Trebuchet MS", Arial, san-serif; font-size: 14px; margin: 0; padding: 0; text-align: center; }

a { color: #000; }
a:hover { background: #000; color: #e6dacf; }

div#wrapper { min-height: 100%; }
* html div#wrapper { height: 100%; }

div#header { background: url('bgHeader.png'); height: 100px; padding: 8px 0 0 0; }
div#header div { margin: 0 auto; position: relative; width: 800px; }
div#header h1 { left: 0; margin: 0; position: absolute; }
div#header h1 { background: url('logo.png') no-repeat; display: block; height: 0; margin: 0 auto; padding: 92px 0 0 0; overflow: hidden; width: 319px; }

ul#nav { float: right; list-style: none; margin: 0; padding: 69px 0 0 0; }
ul#nav li { background: #e6dacf; border: solid #000; border-width: 2px 2px 0 2px; float: left; margin: 0 0 0 2px; }
ul#nav a { display: block; padding: 3px 6px 0 6px; text-decoration: none; }
ul#nav a:hover { display: block; padding: 3px 6px 7px 6px; }
ul#nav a.current { padding-bottom: 8px; }
ul#nav a.current:hover { background: #e6dacf; color: #000; cursor: default; }

div#content{ margin: 0 auto; padding: 20px 0; text-align: left; width: 720px; height: 300px}
div#content img { border: 10px solid #000; float: right; margin: 18px 0 0 20px; }
div#content h2 { border: solid #999; border-width: 0 0 5px 0; font-size: 28px; margin: 0; padding: 0 0 10px 0; }
div#content p { margin: 0; padding: 4px 6px 10px 0; }


div#clearfooter { height: 110px; }

div#footer { background: url('bgFooter.png'); height: 110px; margin: -110px auto 0 auto; }

画像ファイルのパスを「xxx.png」に変更します。/app/assets/imagesに入れておけば、ファイル名だけで見えるみたい。

/public/imagesに置いた場合は、本と同様に「/images/xxx.png」としてあげれば良いです。

image_tagメソッドを使ったイメージタグの作成 - Ruby on Rails入門
画像の置き場所によるパスの指定方法の違い - kobaken75の日記